ガジェット

AirPosds Proが耳に合わなかった時の対処法【返品できます】

どうも、こうです。

今とっても人気なAirPods Proですが、稀に「耳に合わない」という声を聞きます。

今回はAirPods Proが耳に合っているのか確認する方法と、耳に合わなかった時の対処法をご紹介します。

今回の内容

・AirPods Proが耳に合わなかった時の対処法(確認編)

・AirPods Proが耳に合わなかった時の対処法(返品編)

 

AirPods Proが耳に合わなかった時の対処法(確認編)

まずは、AirPods Proがちゃんと耳にあっているかどうかを確認する方法を簡単にご紹介します。

・イヤーチップ装着状態テストで確認する

・数時間装着してみる

イヤーチップ装着状態テストで確認する

AirPods Proには「イヤーチップ装着状態テスト」というものがあります。

これは、AirPods Proのイヤーチップ(耳にはめるゴムの部分)が自分の耳にあっているかどうかを測定してくれる機能です。

確認方法は簡単

iPhoneの 設定>Bluetooth>AirPod Proのイヤーチップ装着テストで、

から確認ができます。

30秒程度で確認ができるので、まずはイヤーチップ装着テストで確認することをお勧めします。

 

数時間装着してみる

こちらは感覚的な話になってしまって申し訳ないのですが、耳の形に合う・合わないはどうしてもあると思います。

ですので、数時間装着してみて特に耳が痛くなるようなことがなければ問題ないと言えるでしょう。

 

AirPods Proが耳に合わなかった時の対処法(返品編)

さて、確認が取れたところで「実際に合わないとわかった時どうするのか」についてご紹介します。

タイトルにもつけていますが、結論から言ってしまうとAppleに返品することができます

apple.comで、クレジットカード、またはApple Storeギフトカードを使って購入した製品は、受け取りから14日以内にApple Storeで返品することができます。製品と一緒に身分証明書とご注文番号をお持ちいただく必要があります。

ここにある通り、

・製品(AirPods Pro)

・身分証明書

・(購入時の)注文番号

上記があれば、基本的には返品が可能です。

ですので、自分には合わないなと思ったら思い切って返品してしまいましょう。

ただし、返品の際に気をつけなければいけない事が2点ほどあります。

・返品は製品受け取りから14日以内に限る

・返金は「口座名義人の氏名が注文者(お客様)のお名前・情報と一致する日本の銀行口座」のみ

要するに「製品が届いて14日以内であれば、購入した本人に返金はできますよ」って事です。

ここからわかる通り、返品ができるのはAppleで正規品を購入した人に限るのです、、

転売品だと返品できないんですよね泣

もしもの時のためにも、返品可能な正規品をしっかり購入することをおすすめします!

Apple AirPods Pro

新品価格
¥30,580から
(2019/11/13 23:55時点)

 

【AirPods Proの感想・レビュー】1ヶ月使ってみた感想を正直に解説どうも、こうです。 下記ツイートの通り、AirPods Proを購入して1ヶ月経ち、約100時間以上使い込んできたので、AirPo...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です